Loading...
TEL : 0428-31-6841

PRODUCTS 製品情報

リフトスチーマーZ LIFT STEAMER Z

全自動連続殺菌冷却装置

スチーミングシステムによる全自動連続殺菌冷却装置です。食品をバケットに載せ連続移動することが可能です。
低温殺菌することにより、食品の賞味期限の延長を可能にし、食品ロスの削減に貢献します。

紹介動画MOVIE

特長FEATURE

  1. チェーントラブルを最小限に抑える自動緊張システムを搭載し、装置の安定稼働を実現

  2. 独自のスパージ管構造により安定した殺菌を実現

  3. 設置高さを有効利用し、設置面積を最小限にすることが可能

  4. 自動投入・搬出装置を搭載し、無人運転を実現

  5. 容易にメンテナンスできる構造

  6. 長年の経験と400台を超える納入実績、最適な提案が可能

システム概要OVERVIEW

一連の工程をすべて自動で行うため、無人運転が可能です。

  1. 充填機側のコンベアから流れてくる製品を自動投入装置でバケットに収納します。
  2. 蒸気加熱室で加熱殺菌され、同じバケットに乗ったままシャワー冷却室で冷却します。
  3. 自動搬出装置で取り出し後、後工程に送り出します。

自動投入装置

包装形態に合わせ、様々な自動投入方式を採用し安定してバケットに製品を移載します。
プッシャー・ドロッパー方式

安定した形状のパウチ製品を高速でバケットに移載します。

 

  • 平パウチ(小袋~業務用3kg)
  • スタンドパウチ
  • 深絞り
  • スパウトパウチなど(15,000袋/h)
チャック方式

容器のフランジをすくい上げて安定してバケットに移載します。

豆腐 製造ライン例

 

  • ゼリー
  • 豆腐
  • トップシール容器など
スクープアップ方式

様々な形態のパウチをまとめてすくい上げます。

 

  • 大型パウチ
  • ピロー包装
  • その他多品種な形状の製品など
シャトル方式

柔らかくて重量のあるピロー包装製品を優しくバケットに投入します。

 

  • 大型ピロー包装(5kg)など

蒸気加熱室

チェーンのピンに吊るされた製品の乗ったバケットは、加熱室~冷却室へと運ばれてゆく間に加熱・冷却されます。


 

セパレータ・減圧弁
  • 工場内の蒸気ドレンをセパレーターで浄化し、余分なドレンをチームトラップで除去します
庫内温度調節コントロール弁
  • 減圧弁で適正圧力とした後、蒸気コントロール弁により殺菌温度を正確に制御します
  • 殺菌温度の設定可能温度:60~99℃
2段蒸気ダクト
  • 温水ボイル殺菌とちがい、部屋内に蒸気が立ちこもることはありません
  • 殺菌温度が95℃以上の場合、2段蒸気ダクトを装備することで出入口での蒸気流出をなくし、作業環境を改善します

 

 

  • 温度制御が正確で容易
  • 加熱室温度の均一安定化を実現

シャワー冷却室

冷却水を製品に均一にシャワーすることで急速に冷却します。冷却のばらつきがないよう様々な構造的工夫を行っています。

自動搬出装置

スライドドロップ方式

バケットを反転させドロッパー上で整列させた後にコンベアに移載します。
 


 
     

  • パウチ製品
  • スタンドパウチ製品
  • スパウトパウチ製品
  • 深絞り製品など
可倒スライドドロップ方式

重量のある製品をやさしくコンベアに移載します。
 


 
     

  • ピロー包装製品
  • 業務用パウチ製品など(3kg以上)
チャック方式

フランジ部をチャックし、製品をコンベアに取り出します。
 

豆腐 製造ライン例

 
     

  • カップ容器
  • 豆腐など
回転ローラー方式

コンベアに製品の表裏を反転させて移載します。
 


 
     

  • パウチ製品
  • スタンドパウチ製品
  • スパウトパウチ製品
  • 深絞り製品など

自動緊張装置

バケットチェーンのテンションを常にコントロールし、チェーントラブルを大幅に軽減します。

 

  • 長尺バケットチェーンの安定稼動を可能にした特殊クラッチ機構を採用しています
特許:第6061388
  • チェーンのたるみを1カ所に集中させて除去できるため、容易にメンテナンスできる構造となっています

オプションOPTION

点検台
点検台
     
    装置上部のメンテナンスを安全に行うための点検ステージです。
ドレンパン
装置下ドレンパン
     
    バケット返送ライン下に設置し、床への水の飛散を防ぎます。
アキューム装置
アキューム装置
     
    後工程のトラブル時に冷却後の製品をため込む装置です。

    • 充填機からスチーマーへの受入れは継続
    • 後工程への搬出は一時中断
    • 後工程が復帰後、アキューム装置から数%早い速度で搬出し、空にして待機
中間移載装置

加熱室のバケットから冷却室のバケットに製品を移載するシステムです。

     

    • 省エネ(蒸気11%、冷却14%の削減)
    • バケットチェーンの長寿命化

他方式との比較COMPARISON

ボイル殺菌方式との比較
項目 連続式
リフトスチーマー
バッチ式ボイル槽 連続式ボイル槽
オペレーターの作業 全自動のため通常は無人化 チェーンブロックを操作する人手がかかる メーカー・仕様により自動化の内容が異なる
殺菌温度 殺菌温度の高い均一性(設定土2℃以内) ボイル槽内の温度差あり 同左
殺菌時間 連続のため殺菌時間は一定 水温が一旦低下するため、再昇温の時間がかる
殺菌時間はオペレーター操作による
水温が下がるのは同じ
殺菌時間は一定
品温の温度差 バケットに製品が重ならない状態で加熱するため温度差は生じにくい 製品の重なりが発生し、品温の温度差が生じやすい 同左
製品の汚れ 浄化された蒸気加熱のため汚れが付着しにくい 温水由来の汚れが付着しやすい 同左
製品の乱れ 殺菌冷却中はバケット内で静置しているため、取り出しの向きが安定する 水の中で製品が移動するので取り出しの向きが安定しない 同左
準備時間 短時間でウォームアップ完了(85℃まで約5分) 温水を沸かすための立ち上げ時間が長い 同左
省エネ
(蒸気使用量)
ボイル式に比べ50~70% 放熱などによる蒸気使用量が多い 同左

 
 

     

    • リフト式はボイル槽に比べ、工場の高さを有効利用し、設置長さを短くすることが可能です。

用途例(調理・殺菌)CASE

 

包装形態 製品
パウチ

半生麺(パスタ、焼きそば、うどんなど)
ドライフルーツ
鯖の味噌煮
鮭フレーク
生姜焼きの肉
もつ煮
麻婆豆腐の素
ポテトサラダ
甘酒
スープ
パウチ(業務用)
味付け油揚げ
フルーツシロップ漬・プレザーブ
玉子焼きなど玉子製品
漬物
明太子
スタンドパウチ
カレー
惣菜
うずら卵
杏仁豆腐
スパウトパウチ
ゼリー飲料
スポーツドリンク
水素水
シロップ
深絞り
かにかま
介護食
ハンバーグ
ハム、ソーセージ
笹かまぼこ
カップ容器
ゼリー
白米炊飯
茶碗蒸し
玉子豆腐

鮭フレーク
なめ茸
もみじおろし
食べるラー油
ピロー
白滝
ポーションカップ
ポーションゼリー
トレー容器
充填豆腐、カット豆腐
ロケット包装
ハム、ソーセージ